本文へジャンプ | メニューへジャンプ | 共通メニューへジャンプ

ごあいさつ

私たち河合塾グループは、1933年の創立以来、「塾」という民間の教育機関であることにこだわり続けてきました。その理由は、民間の立場だからこそ自由で、自分たちが信じる教育を追求し続けることができると考えるからです。同時にそのことは、社会から常に必要とされる存在であり続けなければならないことを意味します。この考えのもと、私たちは目の前にいる一人ひとりの生徒たちに何をすべきか、何ができるかを自ら問い続け、それに応える“本音の教育”を志してきました。

現在、我が国を取り巻く環境はさまざまな面で厳しくなっており、社会的なパラダイムは想像以上のスピードで大きく変化しています。それに伴い、求められる人材も多様化し、教育機関の役割は増すばかりと言えるでしょう。

手作りの小さな塾から始まった私たちも、今では、幼児から社会人まで、それぞれを対象とした多彩な教育事業、教育関連事業をグループとして展開しています。しかし、その原点にあるものは、人と人とのつながりを大切にした教育です。
どんなに時代が変わっても、この原点を忘れることなく、本当に社会から必要とされる教育を追い求め、河合塾グループに関わるすべての方々に対し、それぞれが持つ可能性を信じ、一人ひとりの自己実現を支援していきます。

私たちは、「教育」という人生の大きなテーマに携わることができることを喜びとし、私たちの持つ「使命」を果たしていきたいと思います。

河合塾グループ代表法人
学校法人河合塾
理事長

河合 弘登

河合塾グループの塾訓・使命

このページの先頭へ