本文へジャンプ | メニューへジャンプ | 共通メニューへジャンプ

「私と河合塾」-OB・OGが語る河合塾-: 2010年

※OB・OGの方の職業・役職等はインタビュー当時のものです。

Vol.32(2010年12月公開)

受験勉強で最も重要なのは苦手科目の克服
現在の仕事においても、まず苦手な部分から
取り組もうとする意識が染みついています。

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社
酒井 優さん

中学グリーンコース/高校グリーンコース/大学受験科

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社 酒井 優さん

Vol.31(2010年11月公開)

夢を語ることはけっして恥ずかしいことではない。
大リーグの球団で仕事をしたいという私の夢を
河合塾は真正面から受け止めてくれました。

北海道日本ハムファイターズ チームディレクター兼渉外担当
岩本 賢一さん

国際教育センター(現 海外大学交流学科)

北海道日本ハムファイターズ チームディレクター兼渉外担当 岩本 賢一さん

Vol.29(2010年9月公開)

ドルトンスクールで
興味を持ったことをトコトン追求する中で
自主性や発想力が育まれ、人生が豊かになった。

中外製薬株式会社 研究本部
松田 穣さん

ドルトンスクール/高校グリーンコース

中外製薬株式会社 研究本部 松田 穣さん

Vol.27(2010年7月公開)

常識に縛られず自分なりの方法を
見つける努力をしてほしい。
それこそが社会でも求められることなのです。

プロデューサー/ディレクター
三城 真一さん

大学受験科

プロデューサー/ディレクター 三城 真一さん

Vol.24(2010年4月公開)

受験の本質とは
自分で意思決定する力を養成する場であり、
自立への第一歩である

ネットイヤーグループ株式会社 バイスプレジデント
倉重 宜弘さん

大学受験科

ネットイヤーグループ株式会社 バイスプレジデント 倉重 宜弘さん

Vol.23(2010年3月公開)

河合塾の数学の授業で学んだ
「自然な解答を心がける」意識が
私の研究者としてのベースになっています

株式会社ジャパンエナジー 主任研究員
古田 智史さん

高校グリーンコース

株式会社ジャパンエナジー 主任研究員 古田 智史さん

Vol.22(2010年2月公開)

「自分の夢まで、自己採点しないでください。」
私が作った、この河合塾の広告コピーには
当時の実感が込められています

株式会社電通 コピーライター
岡野 敏之さん

高校グリーンコース/大学受験科

株式会社電通 コピーライター 岡野 敏之さん

Vol.21(2010年1月公開)

好きなことをトコトン追求できる環境が魅力
子どもたち一人ひとりが誇れる得意分野を持ち
それをお互いに認め合う関係が構築されていた

フリーアナウンサー
小笠原 聖さん
×
ドルトンスクール東京校長
星合 英二

ドルトンスクール

フリーアナウンサー 小笠原 聖さん × ドルトンスクール東京校長 星合 英二

このページの先頭へ