本文へジャンプ | メニューへジャンプ | 共通メニューへジャンプ

「私と河合塾」-OB・OGが語る河合塾-: Vol.66 (2013年12月公開)

TOEIC・英検対策、多読など、充実した内容の授業で
英語力に自信がついたことが
フライトアテンダントとして活動する上で
大きな武器になっています。

アリタリア‐イタリア航空会社
機内通訳・コマーシャルアテンダント
山越 史織さん

トライデント 外国語・ホテル専門学校OG

山越 史織さん

オープンキャンパスで参加した体験授業の雰囲気が入学の決め手に

・・トライデント 外国語・ホテル専門学校に通うようになったきっかけからお聞かせください。

山越 小さい頃から、外国人客を相手にすらすらと英語で話すフライトアテンダント(客室乗務員)に憧れの気持ちを抱いていました。自分なりに英語の勉強を頑張り、高校卒業後、短大の英語科に入学しました。けれども、フライトアテンダントをめざすのなら、英語だけでなく、より多くの言語が話せるようになる必要があると考え、1年で短大を中退して中国・上海の語学専門学校に留学し、1年間、中国語を勉強しました。ちょうど中国が成長著しい時期で、発展していく様子を目の当たりにして、大いに刺激になりました。帰国後、本格的にフライトアテンダントをめざすための勉強をスタートさせるために、トライデント外国語専門学校(現 トライデント 外国語・ホテル専門学校)のエアライン学科フライトアテンダント専攻に入学しました。

・・トライデントを選ばれた理由は何ですか。

山越 会社によって異なりますが、ほとんどの航空会社で高校卒業者には受験資格を与えていないため、まずは専門学校卒業の資格を得る必要があったのです。また、実用英語教育で定評のあるトライデントで英語力をさらにブラッシュアップしたいという思いもありました。トライデントのオープンキャンパスで、英語の体験授業に参加して、実践的な内容でありながら、堅苦しくないカジュアルな雰囲気であることが気に入り、ここで学ぼうと決めました。

採用試験に向けたきめ細かな指導が行われる「エアラインゼミ」

・・トライデントの授業で印象に残っているものはありますか。

山越 史織さん

山越 「エアラインゼミ」では、1年次から、面接対策、カバーシート(履歴書)の添削、自己PRの方法など、採用試験に向けたきめ細かな対策指導が行われ、とても役に立ちました。実際、入社した大韓航空の採用試験のグループ面接では、会場が広く、面接官との距離が離れていたのですが、私は自信をもって大きな声ではきはきと対応することができました。事前に繰り返し模擬面接指導をしていただき、場馴れしていたことが大きかったと思います。また、履歴書を作成するときは、単に不十分な部分を指摘して終わりではなく、先生方が私の考えに耳を傾けて、どうすればその思いが採用担当者に伝わるのか、一緒に考えてくださいました。その中で自分なりの考えが整理されていった気がします。丁寧な指導に感謝しています。

 

 

・・英語力はさらに向上させることができましたか。

山越 TOEIC対策、英検対策の授業がよかったですね。試験対策に特化した授業内容で、TOEICは815点、英検は準1級を取得することができました。

 多読の授業も大好きでした。トライデントでは30年以上前から多読が実施されており、図書室に多読用の英語の本が備えられていました。それを毎日1冊借りて読んで、感想文を書いていました。最初は1ページに1文章くらいしかない簡単な絵本からスタートしたのですが、最終的にはかなり厚い本が読みこなせるようになり、速読力に自信がつきました。

 授業を終えて自宅に帰ってからも、自分で工夫して英語を勉強するようにしていました。不要になったカレンダーの裏紙の白い部分を切り取って、重要な英単語とその日本語の意味を書いて、壁に貼りました。自室とトイレの壁は、この単語カードで埋めつくされたほどです(笑)。常に目に触れるようにすることで、自然とインプットされていきました。さらに、ヒアリング力を高めるために、BSテレビ放送のCNNニュースを副音声の英語で見るようにしていました。アナウンサーの発音は正確で美しいので、この勉強法は効果があったと思います。

学科の枠を超えたクラス編成で、他学科・専攻の学生とも積極的に交流

・・講師の指導で印象に残っていることはありますか。

山越 自分は本当にフライトアテンダントに向いているのか、このままめざし続けていいのかと、迷いが生じた時期がありました。そんなとき、先生から「山越さんをみてきて適性があると確信している。背も高いし(笑)、せっかく英語の勉強も一生懸命やってきたのだから、悩む必要はない。」と、背中を押してもらえました。それで元気が出て、頑張ろうという気持ちになりました。

・・そのほか、トライデント時代の思い出を聞かせてください。

山越 トライデント外国語専門学校(現 トライデント 外国語・ホテル専門学校)には、英米語学科、エアライン学科、ホテル・トラベル学科、国際教養学科、海外大学交流学科の5つの学科があります。専門的な科目は学科・専攻に分かれて受講するのですが、英語クラスは習熟度別で編成されています。そのため、他の学科・専攻の友人もたくさんできました。自分とは異なる感覚、考え方を持った友人の存在はとても貴重だと感じています。

それから、ハロウィンパーティー、クリスマスパーティー、スポーツフェスタなど、豊富なイベントもいい思い出になっています。とくにハロウィンパーティーでは、クラス単位で英語のスキット(寸劇)を上演しました。自分たちでオリジナルのシナリオを作り、配役を決めて、協力して創り上げたのもいい思い出です。

4カ国語を習得して、様々な国のお客様と対応可能に

・・卒業後のご経歴を紹介してください。

山越 史織さん

山越 卒業後、まず大韓航空で2年7カ月、フライトアテンダントとして勤務しました。大韓航空はソウルだけでなく、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなどへの発着便があり、さまざまな国を巡ることができました。入社後、独学で韓国語も勉強し、日本語、英語、中国語とあわせて4カ国語が話せるようになっていたので、機内で多様な国のお客様に対応することができ、自信もつきました。けれども、その一方で、高校生の頃から憧れていたイタリアで仕事がしたいという思いも強まっていきました。ピザやパスタなどのイタリア料理が大好きという理由だけでなく(笑)、イタリアの人々の明るい雰囲気が素敵だなと感じていたのです。そこで、アリタリア‐イタリア航空会社に転職することにしました。現在は機内通訳・コマーシャルアテンダントを務めています。

・・どのような内容の仕事なのですか。

山越 機内通訳は、フライトアテンダントとほぼ同じ内容の仕事と考えてくださっていいと思います。

・・今後の目標をお聞かせください。

山越 3年前に結婚したのですが、できるだけ仕事と家庭を両立させ続けていきたいと考えています。また、フライトアテンダントとしてはそれなりにキャリアを積んできましたが、その現状に満足することなく、もっと多様な業務に携われるようにスキルアップを図っていくことが目標です。

「あきらめなければ夢は必ず叶う」という気持ちで頑張ってほしい

・・これまでのご経歴の中で、トライデントで学んだことが役立っていると感じていらっしゃることはありますか。

山越 細かいことですが、トライデントのTOEIC対策の授業では、かなりマニアックな専門用語も学習します。たとえば、基本的な病気の名前なども学んでいたので、機内でお客様の具合が悪くなったときに役立っています。また、日本赤十字社救急法救急員養成講習で、とにかく大きな声で相手に声をかけて安心させることの大切さを教わったことも、とても実践的な教えだったと思います。

・・後輩たちへのアドバイスをお願いします。

山越 私の経験を通していえることは「あきらめなければ夢は必ず叶う」ということです。皆さんもぜひ、それを信じて頑張ってほしいと願っています。それから、とくに外資系会社に就職するためには、英語力が必要不可欠になります。英語の勉強はけっして怠けずに、日々努力し続けることが大切です。

・・最後に、保護者に向けてのメッセージをお願いします。

山越 私の両親は、クラシックバレエ、書道、英語塾など、私が望む事をやらせてくれました。そのすべてが無駄にはなっていないと感じます。たとえば、フライトアテンダントの仕事は体力勝負の面があります。機内には風邪をひくなど体調のすぐれないお客様もいらっしゃいますが、その度に感染していたのでは仕事になりません。私はクラシックバレエで培った体力が武器になっており、「絶対に風邪をひかないぞ」と気合いを入れれば、感染することがありません(笑)。また、小学校から通った英語塾は、英語力という意味ではそれほど力にはなっていなかったものの、それでも、英語が好きという気持ちにつながり、自分の進路に活かすことができたのは大きな意味があったと考えています。

山越 史織さん

Profile

山越 史織(Shiori Yamakoshi)

1986年愛知県生まれ。清林館高等学校卒業後、短大に進学したが、語学留学のため中退。2005年4月より1年間、上海の語学専門学校へ留学し中国語を学ぶ。2006年4月トライデント外国語専門学校(現 トライデント 外国語・ホテル専門学校)に入学。2008年同校卒業後、大韓航空に入社しフライトアテンダントとして勤務。2010年5月よりアリタリア‐イタリア航空に転職。現在、機内通訳・コマーシャルアテンダントとして活躍中。

トライデント 外国語・ホテル専門学校

コミュニケーション力やサービスの知識と実践を中心に、専門的な分野を無駄なく効率的に学べる学科・専攻をラインナップ。
プロによる専門知識・技能の伝授から大学進学、海外留学、語学力アップ、資格取得まで、目標やチカラに合わせてきめ細やかに指導します。

「トライデント 外国語・ホテル専門学校」について詳しく知りたい方はこちら 

このページの先頭へ