本文へジャンプ | メニューへジャンプ | 共通メニューへジャンプ

中日新聞社発行「中日こどもウイークリー」に学習記事を連載

中日新聞社発行「中日こどもウイークリー」に
河合塾グループが学習記事を連載中!

2011年8月6日(土)創刊 中日新聞社発行の‘知的好奇心を刺激するこども新聞’「中日こどもウイークリー」の学習ページ(10.11面)に、河合塾グループ(河合塾小学・中学グリーンコース、日能研東海、KAWAIJUKU English School)が学習記事の連載をしています。
この紙面を通して、グループとして小学生への学習支援を行なっています。

コンセプトは「子どもたちを勉強好きにしたい!」

今ほど、多くの人たちがこの国の「未来」を考え、想いを巡らせているときはないのかもしれません。私たち河合塾グループにできるのは、その主役となる子どもたちに、明日を切り拓く大胆な創造力と社会で活躍していく逞しさ、それを支える学ぶ力を身につけてもらうこと。新たな知識を得る楽しさや、さまざまな問題を解く面白さを体感することで、子どもたちの旺盛な知的好奇心を育む、魅力的な『学び』の世界を提供することです。

「子どもたちを勉強好きにしたい!」という編集コンセプトは、私たちのそうした想いから生まれました。勉強すること、難問に挑むことを楽しむ子どもたちが育つことで、はじめて「未来」は希望の輝きを放つのだという確信をもって、河合塾グループの使命=『私たちは「自らを求め、学びつづける人」を支援し、一人ひとりの未来に貢献します。』を実践しています。

それぞれの強みを活かしたコンテンツで、子供たちに挑戦します

河合塾グループの豊富なノウハウをベースに、河合塾小学・中学グリーンコース、日能研東海、KAWAIJUKU English Schoolが、それぞれの強みを活かした紙面づくりで、勉強の楽しさを体感するコンテンツを掲載しています。

それぞれの強みを活かしたコンテンツで、子供たちに挑戦します 河合塾 小学・中学グリーンコース 日能研東海 KAWAIJUKU English School 発音を確認できるWebサイトはコチラ

創刊準備号(2011.7発行)サンプル

創刊準備号(2011.7発行)サンプル (1.87MB)

創刊準備号(2011.7発行)サンプル 10面 11面

楽しいキャラクターがナビゲート!

河合塾 算数バージョン 理科バージョン あっぴぃ 僕 あっぴぃ♪楽しい算数・理科の世界へ案内するよ。名前の由来は、みんなの勉強のレベルあっぷを応援してるからなのだ

算数探偵シリーズ 算数探偵 算数の能力を活かして、助手の八さん熊さんといっしょに、世界中の難事件を解決するよ。そうそう、変装も得意だから、読者のみなさんもだまされないようにね。 八さん(算数探偵の助手) いざというとき頼りになる熊さんの兄貴分だよ。親分といっしょに世界中を駆けまわるぜ。 熊さん(算数探偵の助手) のんびり屋だけれど、食べ物に関係する問題なら、おいらの能力は一万倍だぜ。

算術キッドシリーズ 算術キッド 有名なマジカル算術アカデミーの特別研究生。けっこういい奴なんだけど、何故か「いじわる!」と言われるんだ。 SJG(算術ガールズ) マジカル算術アカデミーの研究助手よ。算術キッドの「いじわる問題」なんか簡単に解いてみせるから期待しててね

アラ先生と河合小学校の仲間たち はじめさん まりこさん たいちさん かすみさん アラ先生 4人は同じクラスの1班のメンバー。抜群のチームワークでいろんな問題を解決するよ。やさしいアラ先生は、クラスの担任なんだ。

未来教室 未来雄くん 勉強はあまり得意じゃないけど、好奇心はいっぱい。大学の先生にどんどん質問するよ。 明日香ちゃん 学校の勉強は得意で、新聞もよく読むわよ。将来の夢はお医者さんになることです。

日能研東海 NN先生 NN先生です。毎回、選りすぐり入試問題を紹介するよ。楽しく挑戦してね! Nカバンくん NN先生の大切なアシスタント!動物の観察や飼育が趣味です。

算数仙人 みんなと一緒に難しい問題を解くのが大好きじゃ。間違えることを恐れてはならんぞ! 理科仙人 理科を極めるために百年以上も修行を続けておる。みんな、頼りにしてくれてよいぞ!

研太 算数が大好きの小学5年生。野球が大好きだよ! 研奈 実は理科が苦手の小学4年生。嵐の櫻井くんの大ファンです!

ツカ先生 どんなに難しい問題も即座に解説してしまう算数のプロフェッショナル。柔道が強いです。 アダ先生 身近な道具でいろんな実験をしてみせるのが得意です。好きなスポーツはテニスだよ。

KAWAIJUKU English School とらい姫 出身は尾張の「とらい国」。皆と一緒に英語を身につけ世界を旅するのが夢じゃ。

中日こどもウイークリーのご購読について

2011年4月から小学校でスタートした「学習指導要領」では、「新聞」を活用した授業の実施が盛り込まれています。子どもたちが日ごろから新聞に触れ、新聞を読む習慣を身に付けることは、授業での理解を深め、学力の向上に役立ちます。週末に親子で読むことで、ご家族のコミュニケーションづくりにも役立ちます。

中日こどもウイークリー 詳細・ご購読はこちらから

※「中日こどもウイークリー」(中日新聞社)サイトへリンクします。

Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくためにはアドビシステムズ社が無料配布しているAdobe® Reader™(アドビ リーダー)が必要です。 お持ちでないかたはダウンロードしてからご利用ください。

このページの先頭へ