ニュースリリース

2017年03月01日

『グローバル社会に対応した大学教育』調査報告会のご案内~全国約1,000件の大学・学部調査の結果からの報告~


 学校法人河合塾では、高等教育関係者を対象に、『グローバル社会に対応した大学教育』2016年度調査報告会を3月10日(金)に麹町校にて開催します。

 本報告会では、河合塾「大学教育調査プロジェクト」による全国の国公私立大学の全学および学部を対象にした質問紙調査から得た回答約1,000件の集計結果と、そこから抽出した20大学への実地調査の結果を紹介します。さらに、進んだ取り組みを実践している6大学にはご登壇いただき、さまざまな角度から事例報告を行っていただきます。

「グローバル社会に対応した大学教育」についての数少ない調査報告――
 現代社会では、グローバル社会に対応できる人材の育成が叫ばれ、多くの大学においてもディプロマポリシーや教育目標には「グローバル」にかかわる言葉が掲げられています。では、それに対応した大学教育の現状はどのようになっているのでしょうか。
 今回登壇いただく各大学からは、「英語教育プログラム」「全員留学」といった個々の優れた取り組みの紹介にとどまらず、グローバル社会に対応した人材の育成という教育目標に対して、各取り組みのカリキュラム上における位置づけや、教育成果の評価(単なる語学スコア等ではなく)といったカリキュラムデザイン全体について、発表していただきます。また、登壇いただく大学も、大学院教育まで見据えた理系の大学や、地域のグローバル化(外国人住民を交えた地域活性化など、世界に羽ばたかないグローバル化)に目を向ける大学など、全国各地の多様な大学となります。
 「日本の高等教育機関における国際化」をテーマとした研究は数少ないのが現状で、 河合塾では、本研究を進めることにより、成果を広く還元してまいりたいと考えています。

『グローバル社会に対応した大学教育』調査報告会 概要
■日時
2017年3月10日(金)13:00~18:00
■場所
河合塾麹町校 〒102-0085 東京都千代田区六番町1-3
■対象  
 高等教育関係者
■プログラム
第1部 河合塾報告
「グローバル社会に対応した大学教育調査報告」
第2部 大学からの事例報告
1.「特徴ある英語教育プログラム」 甲南大学 マネジメント創造学部
2.「全員留学と留学前・留学後教育を組み込んだカリキュラム」 法政大学 国際文化学部
3.「全員留学と留学前・留学後教育を組み込んだカリキュラム」 青山学院大学 地球社会共生学部
4.「教育目標・アセスメント・教育実践の一貫したカリキュラムデザイン」 京都工芸繊維大学 工芸科学部
5.「教育目標・アセスメント・教育実践の一貫したカリキュラムデザイン」 共愛学園前橋国際大学 国際社会学部
6.「教育目標・アセスメント・教育実践の一貫したカリキュラムデザイン」 山口大学 国際総合科学部

■詳細URL http://www.kawai-juku.ac.jp/info/global/

報道関係者向け取材お申し込み・お問い合わせ先

学校法人 河合塾 経営戦略担当
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-49-7 池袋パークビル
TEL:03-6811-5508
E-MAIL:press@kawaijuku.jp

※お問い合わせの際にいただく個人情報をもとに各種ニュースを配信させていただくことがございます。

このページの先頭へ