ニュースリリース

2017年12月07日

『学校づくりリーダーのためのアクティブラーナーズサミット2018』のご案内


 一般財団法人日本教育研究イノベーションセンター(以下JCERI)と、東京大学 大学総合教育研究センター教育課程・方法開発部門は、2018年3月21日(水・祝)に東京大学において、教育委員会の指導主事、教育センターの研修ご担当者、これからの学校づくりを担う高等学校の管理職、カリキュラム・マネジメント担当者、教務主任の先生方を対象とした『学校づくりリーダーのためのアクティブラーナーズサミット2018』を開催いたします。

 本年度のプログラムは2015年度より3年間にわたり進めてまいりました全国調査・個別調査を総括する内容となっております。2017年7~9月にかけて実施した『高等学校における参加型学習に関する実態調査2017』の分析結果を報告するほか、これからの学校づくりを担う先生方を対象としたアクティブラーニングやカリキュラム・マネジメントに関する『テーマ別分科会』を企画しております。

 日々学校づくりに向き合う先生方と、そうした取り組みを支える教育委員会・教育センターの方々とともに、これからの学校づくりを構想できればと考えております。

学校づくりリーダーのためのアクティブラーナーズサミット2018概要
■日時
2018年3月21日(水・祝)12:30~18:00(開場は12:00~)

■場所
東京大学 伊藤国際学術研究センター (本郷キャンパス)
http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/access.html
■対象 
教育委員会の指導主事、教育センターの研修ご担当者、高等学校の管理職、カリキュラム・マネジメント担当者、教務主任の先生方など
※申込者多数で定員を超過した場合は、上記対象者の方を優先してご案内いたします。

■お申し込み
下記サイトで2017年12月4日(月)から受付開始
http://jceri.kawaijuku.jp/summit/

■プログラム
第1部 オープニング・全国調査報告
第2部 シンポジウム
第3部 テーマ別分科会
(1)「実践事例から考えるカリキュラム・マネジメント『最初の一歩』」
(2)「教科を超えるマナビの挑戦!:教科横断カリキュラムの可能性」
(3)「教師のマナビを支援する!:マナビを紡ぐチームをつくるリフレクション」
(4)「ケースメソッドで踏み出す学校づくりの第一歩!:経験を問い直す、関係を編み直す」
第4部 クロージング

■学校づくりリーダーのためのアクティブラーナーズサミット2018の詳細についてはこちら
http://jceri.kawaijuku.jp/summit/

■イベントに関する問い合わせ先
日本教育研究イノベーションセンター(JCERI)
メール : jceri-fd@kawai-juku.ac.jp
TEL : 03-6811-5569 (受付時間:10:00~17:00 土日祝・年末年始を除く)

報道関係者向け取材お申し込み・お問い合わせ先

学校法人 河合塾 経営戦略担当
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-49-7 池袋パークビル
TEL:03-6811-5508
E-MAIL:press@kawaijuku.jp

※お問い合わせの際にいただく個人情報をもとに各種ニュースを配信させていただくことがございます。

このページの先頭へ