このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾グループ河合塾

どんな高校生が大学、社会で成長するのか② 高大接続の本質「学校と社会をつなぐ調査」から見えてきた課題 刊行のご案内

2018年02月08日

学校法人 河合塾

学校法人河合塾(以下、河合塾)と国立大学法人京都大学高等教育研究開発推進センターは、共同調査「学校と社会をつなぐ調査*」の2時点目調査の報告として、『どんな高校生が大学、社会で成長するのか』の続編『高大接続の本質』を1月30日に刊行いたしました。

高大接続の本質「学校と社会をつなぐ調査」から見えてきた課題

溝上慎一 責任編集・ 京都大学高等教育研究開発推進センター/河合塾 編 学事出版A5判 208ページ  定価(本体2,400円+税) 2018年1月30日刊行

1時点目調査当時、高校2年生だった生徒たちは、大学1年生となってどのような成長をたどっているのか。この書籍では、パネル調査のデータから、どのような高校生が大学、社会で成長するのか、その「トランジション(移行)」を明らかにし、これから高校や大学で求められる教育の課題について、高大接続改革や学習指導要領改訂の流れをふまえて論じています。

貴媒体の読書欄、情報欄などで、ぜひご紹介いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

◆目次◆
はじめに
第1章 10年トランジション調査の前史
第2章 10年トランジション調査の2時点目(大学1年時)までの成果―高校生は大学生になってどの程度変わるか―  
第3章 高大接続と受け入れる大学側の観点から結果をどう見るか    
第4章 トランジションの研究成果に基づいた高校の実践事例  
あとがきにかえて―まとめと今後の課題―


*学校と社会をつなぐ調査 
どのような高校生が大学、社会で成長するのか、そのパターンを解明するために、河合塾は京都大学高等教育研開発推進センターと連携し、2013年度の高校2年生を対象に、10年にわたる計画で調査を行っています。2013年度には第1回調査を実施し、全国の46,000人の高校2年生の協力を得ることができました。この調査を通して、学校段階における学習・生活スタイル、キャリア意識などのデータをもとに、高大接続、ひいては新しい時代における学校教育の役割や機能を明らかにし、学びと成長を支える指標を提言していきます。

◆1時点目調査の報告として シリーズ第1弾『どんな高校生が大学、社会で成長するのか』も発売中です◆

  • どんな高校生が大学、社会で成長するのか

    溝上慎一 責任編集・ 京都大学高等教育研究開発推進センター/河合塾 編 学事出版A5判 208ページ  定価(本体2,400円+税) 2015年7月1日刊行


報道関係者向け取材お申し込み・お問い合わせ先

学校法人 河合塾 経営戦略担当

  • 【東京駐在】
    〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-49-7 池袋パークビル

    TEL:03-6811-5508

    【名古屋駐在】
    〒464-8610 愛知県名古屋市千種区今池2-1-10

    TEL:052-735-0154

    MAIL:press@kawaijuku.jp(東京・名古屋共通)

  • お問い合わせの際にいただく個人情報をもとに各種ニュースを配信させていただくことがございます。