このページの本文へ移動 | メニューへ移動

特徴・コンセプト

未来に前向きになり、未来の解像度を高めたい
と考える中学生・高校生のために

point01

「答えのない未来の問題」に挑む

未来について考えることに正解はありません。答えがないからこそ、自身の価値観や判断基準をもとに意見をつくり、発信することが大切です。そうした思考・分析をもとに他者との違いを認識し、より望ましい(ベターな)未来について語りあいます。

point02

キャリア教育や探究活動に

講師による出張授業はもちろん、教員との共同実施、それに伴う教員研修など、様々な形で先生方をサポートします。「総合的な探究の時間」などの各活動を進める際のノウハウを、ともに進めながら共有します。

point03

生徒の好奇心、探究心を刺激

生徒にとって10~20年後の未来は、自身がちょうど大人になっている頃。そうした自分を取り巻く将来の社会について考えることで、将来の自分のイメージを具体的かつ自分ごととして捉えやすい内容となっています。

身につけたい力

探究活動や進路選択などで必要となる、
自ら考え、判断する」力が身に付きます

「情報の探し方」を実践

ウェブニュースや図書室の本など、様々な情報源から、興味の種を集める方法を学びます。社会の「未来」を事実に基づいて考えることで、「情報収集」の方法、情報やニュースの見極め方などを実践的に体験し、判断力を身につけます。

チームで協働的にディスカッション

個人で取り組むワークはもちろん、グループで取り組むワークでは、他者とのディスカッションや役割分担を行うなど、主体的に協力する姿勢を身につけることができます。

イラストや動画を駆使して発表

探したニュースを基に、未来の社会像をイラストで描きます。またそのイラストをまとめ、ストーリーとして動画に編集。ナレーションもいれるなど、映像を使った表現を身につけます。

  • 私と河合塾
  • 時代を読み解くキーワード