このページの本文へ移動 | メニューへ移動

学びみらいPASS受験結果のフィードバック

学びみらいPASSの結果は、学生個人と学校の双方にフィードバックします。

  • 受験結果はデザインを工夫し、わかりやすく一人ひとりにフィードバックします。
  • 現状の強み、弱みを視覚的に理解できます。

学生個人へのフィードバック

統合診断結果の特徴

  • 生徒用個人報告書には、志向性タイプ名は表示されません。

4つのテストから導き出す生徒の現状

学力の3要素

教科学力・リテラシー・コンピテンシーのレベルと、3つの力のバランスが確認できます。
各力を○△の2段階評価したうえで、そのバランスを図示化しています。結果として8通りのパターンに分類されます。

学力の3要素

志向性 [LEADS]×[R-CAP]

タイプの結果と共に、タイプ分けの要素となる「意識の高低」「時間の使い方」が確認できます。
意識の高低は★の数で表され、時間の使い方は「交友時間」「学習時間」「一人時間」に集約した結果を図示化しています。

志向性 [LEADS]×[R-CAP]

志向性タイプ一覧

①勤勉タイプ 平日休日ともに学習時間が多い
②交友充実タイプ 友人関係が充実。他者との交流に時間を費やす傾向
③単独傾向タイプ 自尊感情が低い。一人でいることを好む傾向
④目標必要タイプ キャリア意識が低いが、自尊感情は中程度以上ある
⑤進学準備中タイプ キャリア意識、自尊感情ともに中程度以上ある

高校へのフィードバック

充実した分析一覧

教員の皆様へは、各テスト結果の集計資料をご提供いたします。学生個々の特性を把握するだけでなく、教育施策の効果や、教育プログラムの成果を評価する材料としてもご活用いただけます。
個人結果一覧のCSVデータも提供いたします。

集計資料例

「学力の3要素」パターン別

集計資料  「学力の3要素」パターン別

教科学力、リテラシー、コンピテンシーの評価組み合わせパターンを、各パターンごとに集計した結果です。
どのような特徴のある生徒が多いか、また昨年と比較してどういう傾向にあるのかという、今まで先生方が肌感覚で共有してきた部分を、目に見える形でご報告いたします。

志向性タイプ別

集計資料 志向性タイプ別

LEADSの結果から、生徒の学習・生活スタイルといった志向性を5タイプに分類し、集計した結果です。
学習平均時間をはじめとした時間の使い方、自尊感情やキャリア意識の高低を把握することができます。

教員用ガイドブックの活用

  • クラス担任や進路指導の先生方へ配布しています
  • 受験結果の読み解き方から、生徒の特徴の把握、それぞれの生徒の特徴を考慮した指導法について解説しています
  • 生徒への面談の際にご活用いただける仕様となっています

教員用ガイドブック Contents

【解説編】

①学びみらいPASSとは

  • 開発の背景
  • テスト構成・内容
  • ジェネリックスキルとは

②返却資料の解説

  • 面談シート概況
  • 「学力の3要素」と「志向性」
  • 「学力の3要素」を読み解く
  • 「志向性」を読み解く
  • 校内集計資料一覧

【指導編】

③指導パターンの掲示

  • はじめに
  • ワークシートを使った指導展開例
  • 面談指導の展開例
  • 「学力の3要素」パターン一覧
  • タイプ別指導例

④補足

  • リテラシーテストCan-do-chart
  • コンピテンシーテストCan-do-chart
  • Kei-SAT Can-do-chart

教員用ガイドブック

  • 私と河合塾
  • 時代を読み解くキーワード