このページの本文へ移動 | メニューへ移動

PROGジェネリックスキル育成の考え方

ジェネリックスキル育成の仕組み

ジェネリックスキルを大学の付加価値へ。
ジェネリックスキル育成のための体系的な仕組みづくりを支援します。

学士教育課程においては、学部・専攻での「専門教育」と同時に、「社会人基礎力」「学士力」などで提唱されているジェネリックスキルの育成が求められています。それらは、アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシーが有機的に連動するなかで育成されるものですが、学生自身も、ポートフォリオやプログレスシートを通じて自らの活動をふり返り、教員のアドバイスや仲間の励ましを受けながら成長していくことが理想です。つまり、大学の「教育力」と学生の主体的な「学び」を結びつけることが求められているのです。そこで私たちはジェネリックスキルを養成するための体系的な仕組みを提案し、その運用を含めて支援いたします。

ディブロマポリシー(ラーニングアウトカム)

ジェネリック育成のためのコンテンツ

PROGテストは、大学の「教育力」による「成長」を記録するためのアセスメントです。
大学4年間を通して、学生一人ひとり、教員の方々双方に現時点での課題を見直し、解決策のご提案をいたします。

学生の皆さんへご提供できる価値

教職員の方々へご提供できる価値

お問い合わせする

PROGに関するお問い合わせはこちら

  • 私と河合塾
  • 時代を読み解くキーワード