このページの本文へ移動 | メニューへ移動

文部科学省全国学力・学習状況調査平成24年度 問題分析

調査概要

2012年4月27日

 4月17日、全国の小学6年生・中学3年生を対象とする全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が行われた。昨年度は東日本大震災の影響で事実上中止されたため、2年ぶりの実施となった。
 今回は2010年度に引き続き抽出方式での実施であり、希望利用も含めた参加校数は、小学校で17,194校(全体の81.6%)、中学校で8,674校(全体の80.4%)となり、対象となる受検者数は小学校、中学校を合わせて約178万8千人であった。
 今回の調査では従来の国語、算数・数学に加え、初めて理科が実施された。理科が実施された背景としては、新学習指導要領において理数教育の授業時数や教育内容の充実が図られたこと、児童・生徒の学習状況を把握・分析し、『理科離れ現象』の実態の把握や課題の改善に向けた取り組みにつなげていくことが必要であること、などが挙げられ、今夏に公表される予定の結果分析が注目される。なお、理科は今後3年に1回程度の割合で実施予定である。
 河合塾では実施直後のこのタイミングで、過去の問題との比較をふまえて同調査の方向性や求められる学力について、また可能な範囲で入試への影響について分析を行った。

問題分析

小学校(6年)の問題分析を公開しています。

中学校(3年)の問題分析を公開しています。

文部科学省「全国学力・学習状況調査」/実施日:2012年4月17日(火)

時間割
小学校(6年) 1時限目(45分) 国語A(20分)
算数A(20分)
2時限目(45分) 国語B(40分)
3時限目(45分) 算数B(40分)
4時限目(45分) 理科(40分)
  児童質問紙(20分)
中学校(3年) 1時限目(50分) 国語A(45分)
2時限目(50分) 国語B(45分)
3時限目(50分) 数学A(45分)
4時限目(50分) 数学B(45分)
5時限目(50分) 理科(45分)
生徒質問紙(20分)
  • 児童質問紙は、4時限目終了後以降に、各学校の状況に応じて実施。
  • 生徒質問紙は、5時限目終了後以降に、各学校の状況に応じて実施。

関連リンク

問題、正答例、出題の趣旨などは、文部科学省または新聞社等のホームページよりご確認ください。

  • 私と河合塾
  • 時代を読み解くキーワード