このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾フォーカス

河合塾グループの取り組みに焦点をあててご紹介するページです。

河合塾One

いつでもどこでも学習できて「わたし専用」の学習メニューを提供してくれる|02|『河合塾One』の仕組みとは?

 一人ひとりに合わせたオーダーメードの学習をAIが提案するという新しい仕組みを搭載した本サービスの開発に至った経緯や特徴について担当者に聞いてみました。
2021年01月21日更新

 これまで対面授業、映像授業、個別指導などさまざまな形態でサービスを展開している河合塾グループが、新しい形のサービスとして非拠点型の、スマホやPCでいつでもどこでも指導を受けられる高校生向けオンライン教育サービス『河合塾One』を2019年12月からスタートさせています。
 一人ひとりに合わせたオーダーメードの学習をAIが提案するという新しい仕組みを搭載した本サービスの開発に至った経緯や特徴について担当者に聞いてみました。

◆ 事業担当者に直撃インタビュー

㈱河合塾One取締役 畑 秀史

──開発の背景
 地理的・時間的などさまざまな制約で河合塾の既存の授業を受けられない生徒さんたちに、どのように河合塾のサービスをお届けするかといった議論が以前からありました。模索する中で、非拠点型教育サービスの構想が生まれ、思い描くサービスを実現する人工知能(AI)※1との出会いがあり、『河合塾One』を開発しました。
※1 国立研究開発法人 産業技術総合研究所が開発した「PLASMA」。確率推論モデルを実装した高性能AI。

──他のAI学習と比べた『河合塾One』の特長とお客様の反応
『河合塾One』は、日本初の受講生が直接申し込みをして受講できる個人向けAI活用型教育サービスとして2019年12月にスタートしました。教科指導に長けた河合塾講師の指導ノウハウと知見を取り込んだAIによる、個人に最適化された学習の提案が特長です。そして「いつでもどこでもオンライン学習」というコンセプトが多忙な高校生から支持され、順調に受講者を増やしています。2020年3月には著名Vチューバ—※2をアンバサダー(ブランド大使)に任命して、いっそうの認知拡大をめざしました。
一方、サービス開始以降、全国の学習塾から『河合塾One』を導入したいという声が数多く寄せられ、この声にお応えする形で、2020年10月から学習塾向けに『河合塾One for School』を開始しました。このサービスは「AIによる個人最適化された学習」という河合塾Oneの特長を備えつつ、塾での指導に対応した学習管理機能の実装をするとともに、補助教材としての活用を想定して1教科からの導入を可能としました。
『河合塾One for School』のサービス開始により、河合塾の指導ノウハウを生かした学習指導を全国に広め、高校生の学習効率の更なる向上をめざします。
※2 CGやアニメの画像(アバター)によるバーチャルなユーチューバー。

──『河合塾One』の今後の展開
 現在、高校生を対象とした英語・数学からスタートし、古文・物理・化学・日本史・世界史をラインアップしています。将来的には小中学生への多学年展開や特定大対策コースの設置、その先には日本を飛び出し、海外進出も視野に入れています。同時に、河合塾OneのコアであるAIには、受講者の学習データをフィードバックすることによりいっそう磨きをかけ、どこにも負けない指導精度をめざします。進化し続ける河合塾Oneにご期待ください。

◆ 開発担当者が語る「河合塾One」の3大ポイント

㈻河合塾 教育教材開発部 松川 敦

1.AIと河合塾講師の指導ノウハウが二人三脚
 ナレッジマップ(単元間のつながりを描き、次の学習の道しるべとなる指導上の地図)に講師の知見を入れ、効果の高い学習指導につなげています。
また、AIがおすすめする学習内容も、ユーザーの行動とビッグデータから算出された内容に(一般的なAI指導ではここまでが多い)、河合塾講師の知見を加味することで、大幅に精度を上げています。

2.受講の自由度を高める3つの『フリー』
 河合塾Oneは、受講者がいつでも(タイムフリー)、どこでも(ロケーションフリー)、なんででも(デバイスフリー※3)学習できる3つのフリーが特長。全国の忙しい高校生にピッタリの自由度が高い学習システムです。
※3 一般的なAI指導はタブレット/スマホ限定が多く、河合塾OneのようにPCでも受けられる指導は数少ない。

3.伴走してくれる人がいるから、学習を続けられる
教科の質問は河合塾の講師が月3回まで無料で対応。進路や学習の悩みは、大学生の専任トレーナーが相談に乗ります※4。ICTの利点をフル活用し、遠隔地の受講生にも適切なサポートを行います。
※4 受講者の希望によりマッチングされた大学生トレーナーがチャット形式で相談対応するオプションサービス。トレーナーは旧帝大や有名私大を中心に全国各地の大学に在学中の学生。

◆ AIが「わたし専用」のおすすめ学習をナビゲート

■AI学習指導のイメージ(画像 上部)
 各自の学習内容から、最も確実に学力がアップするルートをAIが瞬時に選び出し、提案。得意科目はどんどん進み、苦手科目はその原因までとことんさかのぼります。

■トレーナー相談画面(画像 下部)
 チャット形式で、学習・進路相談に応じます。ICTの利点を生かし、全国各地の大学に通う志望校の先輩のサポートを受けられます。

◆ 世界をめざすアスリートにも河合塾Oneを提供

 2020年1月6日に、(株)KEIアドバンスとUNIVAS[(一社)大学スポーツ協会]から河合塾Oneを活用したアスリートの入学前教育の実証実験が共同発表されました。これはスポーツ推薦等で進学が決まった全国の高校生に入学前教育を行い、学力の伸長を調査するもので、英語・数学の指導に河合塾Oneが提供されています((株)KEIアドバンスから『大学生活学びのための読む書く入門』〈日本語力養成〉も提供)。

◆コロナ禍の中でも、「学びを止めない」

 2020年春から続く新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、緊急事態宣言下で学校が休校になるなど、学びの場の継続が難しい事態が発生しました。そのような状況下、河合塾Oneはオンライン上で学びを進められることから、多くの方に新たにご契約いただき、結果として生徒たちが学びつづけることを支えることができました。
 河合塾Oneという名称には「すべては一人ひとりの生徒のために」という、個を大切にする河合塾の理念とともに、河合塾が培った教育・教材開発力をひとつに融合し、お客さまに提供するという意気込みが表現されています。今後も、河合塾グループの持つ力を集め、さらにいろいろな形で一人ひとりに寄り添った学習を提供していきます。
▶ 河合塾One ホームページ https://www.kawaijukuone.co.jp/