このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾フォーカス

河合塾グループの取り組みに焦点をあててご紹介するページです。

一人でも多くの受験生に模試の受験機会を。『全統模試』Web受験サービス開発の裏側

 コロナ禍と共通テスト導入初年度の状況下、一人でも多くの受験生に模試の受験機会を提供すべく、急遽「Web受験サービス」の開発・導入を行った学校法人河合塾 模試統括部の村瀬秀夫と河崎力に話を聞いた。

『全統模試』Web受験サービス開発の裏側

 年間のべ299万人(2019年度実績)が受験する高校生・高卒生にとっては馴染みのある「全統模試」。河合塾の模擬試験は、受験生にとって自身の現在の実力や志望大学までの「距離」を測るだけではなく、受験後の効果的な復習などにも活用できる学習教材の側面も併せ持つ利用価値の高い重要なアイテムとなっている。しかし、2020年春から続く新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、河合塾が提供する外部会場を利用した受験機会を見送らざるをえず、多くの受験生が「全統模試」を受験することができないという事態に直面した。しかも2020年は「大学入学共通テスト(以後、共通テスト)」の導入初年度。共通テストに誰もが不安を抱く中で、模擬試験すら受験できない・・・!!

 このようなコロナ禍と共通テスト導入初年度の状況下、一人でも多くの受験生に模試の受験機会を提供すべく、学校法人河合塾 模試統括部は、急遽「Web受験サービス」の開発・導入を行うことになった。

開発期間はたったの3カ⽉︕

 2020年春以降、新型コロナウイルス感染症の拡⼤によって⾼等学校の多くは休校となり、模試についても⾼等学校での実施はもちろん、河合塾が提供する外部会場(⼤学・⼀般会場での⼀⻫受験)での実施もできない状況となった。そんなコロナ禍がこの後どうなるかわからない緊急事態宣⾔下の2020年5⽉初め、全統模試をWeb上で受験できる仕組みを導⼊できないか、という話が塾内で持ち上がる。導⼊する模擬試験は、全国の受験⽣が不安を抱く共通テスト対策の「第2回全統共通テスト模試」。新たなシステム開発は通常半年から1年程度かかるものだが、今回は2020年8⽉末にはリリースをしなければならない。つまり3カ⽉強しかない。部⻑の村瀬は、早速、実現に向けた商品企画に着⼿する。「そこから8⽉末のリリースまでは怒涛の⽇々だった」と振り返る。
 全統模試で導⼊した「Web受験サービス」は、申込から、受験、⾃⼰採点、個⼈成績表の確認、解答解説集の閲覧、復習まで、すべてをオンライン上で⾏う仕組み。受験は、Web画⾯上で「問題」を⾒ながら解き、「解答」もWeb画⾯に⼊⼒するCBT形式だ。プラットフォームはすでに導⼊していた「模試ナビ※」を活⽤した。全⾯的にオンライン化することで、場所を選ばずに受験ができるのはもちろん、休校のために試験問題すら紙で渡すことができないという課題もクリア。また、デジタル化の利点を活⽤し、試験⽇の翌⽇には、⾃⾝の解答データが模試ナビに連携され、⾃動採点機能により即座に採点結果が確認できるようにした。これで速やかに復習に取り組むことが可能になる。模試は受験後の復習が最も重要となるため、受験だけできれば良いという考えではなく、模試が持っている商品性が最⼤限発揮できるシステムづくりをめざした。また、デバイスはPCだけでなく、受験⽣にとって馴染みのあるスマホ・タブレットも可能に。これは、今回の⽬的である「⼀⼈でも多くの受験⽣に模試の受験機会を提供する」という観点に⽴ち、デバイスがないから受験できないという事態を防ぐためだ。実際、受験した⽣徒の26%はスマホでの受験だった。

※「模試ナビ」…正式名称は「河合塾 全統模試学習ナビゲーター」。模試ナビは、スマートフォンやタブレット・PCを活⽤し、「全統模試」を起点とした学習サイクルをサポートする無料のサービス。

こだわったのは模擬試験としての品質

 商品企画からリリースまで3カ⽉強しかない中で、部⾨メンバー⼀丸となって取り組んだ。短期間での開発ではあったが、Webの特性は⽣かしつつも、「品質」にはこだわった。
 全統模試は、河合塾のプロ講師たちが毎年⼊試問題を徹底分析し、それに基づき作問している。この作問の精度の⾼さにはこれまでも受験⽣だけでなく、全国の⾼等学校の教員からも定評がある。だからこそ、Web受験という受験形式が変わっても、現在の実⼒を正確に測定するアセスメントとしての側⾯と、受験後の効果的な復習などをサポートする学習教材の側⾯の両⾯を実現させることにこだわった。「リリース期間が限られている中では、この機能はいらないのではないか、受験さえできればいいのではないかという議論が出るたびに、いや違う、単に受験できれば良いわけではない、受験者に本番⼊試の疑似体験をしてもらうことや受験後の復習などのサポートまで含めて全統模試の品質だと説いた。部⾨メンバーはもちろん、開発に協⼒いただいたベンダーの⽅々も⼤変だったと思います」と村瀬は語る。これまで⻑年評価されてきた「全統模試」のブランドに妥協はなかった。
 たとえば、マーク式の試験の場合、本番の紙ベースでの受験ではマークを塗りつぶすのに時間がかかる。それを前提に、CBT形式でマークを⼊⼒したときに、即座に⽩⿊反転するのではなく、必要な解答時間の再現をするために、じんわりとマークが塗りつぶされるように⼯夫をした。また、受験中にWeb画⾯に表⽰する「時間」も、カウントアップにすべきかカウントダウンにすべきかなど、さまざまな観点から受験⽣の⽴場になって議論を重ねた。

⽣徒・保護者・⾼校現場からの期待は想像以上

 この品質へのこだわりを⽀えたのが、⽣徒・保護者・⾼校現場からの全統模試に対する強い要望・期待だ。
 2020年5⽉に⾏われた第1回全統共通テスト模試は、緊急事態宣⾔下のため、⾼校・公開会場含めて多くが実施できなかった。新たな受験機会を創出するため、⾃宅に問題を送付し⾃宅で受験できるサービスを導⼊したところ、想像以上のお申し込みがあった。⽣徒・保護者・⾼校現場から「どうやったら模試を受けられますか︖」「初めての共通テストなので模試が受けられないと困る」といった問い合わせも多く寄せられた。あらためて模擬試験を提供する側としての責任も強く感じたという。このときの「模擬試験を受けたい︕」という⽣徒・保護者・⾼校現場からの強い要望・期待が、次の共通テスト模試では、何とかして受験機会を提供しなくてはならないという思いを⽀え、この3カ⽉強という短い期間でのWeb受験サービスの開発につながった。

 第2回全統共通テスト模試のWeb受験は2020年9⽉上旬に⾏われた。参加は約1万⼈。⽣徒は⾃宅で受験するため、Webサイトには試験時間の⽬安となる「参考時間割」を提⽰したが、受験当⽇のアクセス状況を確認すると、多くの受験⽣が参考時間割に従って受験していたことが判明した。つまり、⾃宅など、試験会場ではなくとも、決められた試験時間をしっかりと守り、真剣に取り組む受験⽣たちの姿がデータから垣間⾒えた。「受験⽣たちが試験監督がいない中でも真摯に取り組んでくれていることがうれしかった。同時にあらためて⾝の引き締まる思いがした」と河崎は語る。

⼀⼈でも多くの受験⽣に模試の受験機会を提供するために、改善は続く

 初めてのWeb受験では、お客様からの問い合わせや要望が多く寄せられた。河崎は「開発〜テストまでも⼤変だったが、Web受験当⽇のお客様からの問い合わせ電話をコールセンターとして⾃分たちで受けたのも⼤変だった」と振り返る。しかし、⼀⽅で「⾃分たちで直接お客様の問い合わせに対応したことで、どんな点に改善が必要かわかった」と語る。この経験を⽣かし、次の模試へ向けて今⽇も⽇々改善を進めている。

 今後、模擬試験はCBT化していくのだろうか。村瀬に聞いた。
「CBT化はあくまでも⼿段であり、⽬的ではない。本番⼊試が紙ベースでの試験を実施する形式である以上、模擬試験はそれに準じた形式、環境で受験機会を提供することが重要と考えている」。つまり、本番⼊試がCBT化しない限り模試をCBTのみにすることはない。⼀⽅で、CBT化は、新たな受験機会の創出と受験⽣の選択肢拡⼤に寄与できるものと考えているため、「今回のコロナ禍のような感染症や、台⾵等の⾃然災害や試験⽇に都合が合わない場合、模試会場まで⾏くのも難しい受験⽣の受験機会を喪失させないための有効な⼿段として引き続き提供していく」。

 今や、受験⽣にとってのインフラともいえる「全統模試」。コロナ禍、⼤学⼊試改⾰と、変化し続ける世の中にも柔軟に対応しながら、これからも⼀⼈でも多くの受験⽣に質の⾼い模試の機会を提供するべく、河合塾は総⼒を挙げて努⼒を重ねていく。

※2021年度以降の全統模試公開会場実施については河合塾ホームページをご確認ください。


■村瀬秀夫(むらせひでお)
学校法⼈河合塾 模試統括部 部⻑
1990年⼊塾。2001年より全統模試の業務に携わり、2010年以降、模試を含む⾼校向け商品・サービスの企画開発に従事し、2019年より現職。
『全統模試』の全体を統括する、河合塾における模試の第⼀⼈者。

■河崎⼒(かわさきつとむ)
学校法⼈河合塾 模試統括部模試統括チーム チーフ
1997年⼊塾。2009年から校舎現場での受験⽣⽀援業務に携わり、2012年⾃由が丘現役館の館⻑、2016年札幌校の校舎⻑を経て、2020年より現職。現場で⽣徒指導に当たっていた知⾒も⽣かし模試の開発に挑む。

トピックス河合塾グループの取り組みや関連するニュースを紹介します。

河合塾「全統模試」サイト

河合塾サイト

行動者のストーリー・ナラティブを届けるPR TIMES STORY