このページの本文へ移動 | メニューへ移動

J-Bridge System(JBS)

これからの大学入試に不可欠な受験生の多面的評価支援ツール「J-Bridge System」

受験生の多様な資質を示す情報をデータとして取得し、アドミッション・ポリシーに適った入学者を選抜するために、Web上で完結する多面的評価の支援システムを提供しています。

J-Bridge System(JBS)の概要

J-Bridge System(主体性・協働性等出願支援/評価支援システム、略称:JBS)は、各大学がアドミッション・ポリシーに沿った(申請項目 or 課題)を設定し、受験生がパソコン・スマホ・タブレットで入力してエビデンス資料を添付します。それをWeb上で複数の大学教員が評価するという、Web上で完結したシステムです。
紙を整理・保存したりする手間も省け、大学教職員の負担軽減にもつながります。

大学の希望に応じて、さまざまなWeb出願システムと連携する方針です。

Web出願 各大学のシステムと連携・各種eポートフォリオシステムと連携(予定)

大学教職員対象/受験生対象の以下のリンクもご参照ください

大学教職員対象

受験生対象

  • 私と河合塾
  • [連載]「河合塾にフォーカス