このページの本文へ移動 | メニューへ移動

学校と社会をつなぐ調査

学校と社会をつなぐ調査 ~現代社会を力強く生き抜くためには、何が必要なのか~

調査の概要

調査概要

河合塾では、2013年度より京都大学と共同で、約6万人の高校2年生を起点に生徒・学生の成長を10年にわたり追跡調査する、「学校と社会をつなぐ調査」(通称:10年トランジション調査)に取り組んでいます。
この調査では、新しい時代における学校教育(高校・大学・短大・専門学校等ならびにその接続)の役割や機能(学校と仕事・社会との接続)を明らかにするため、高校時代の学習や生活のしかた、対人関係やキャリア意識が、将来の学生生活や社会人生活にどのように影響を与えているのか、検証を行います。
かつて例のない調査で、日本における高大接続やキャリア教育の視点から分析し、日本の教育の質的向上に役立てていきたいと考えています。

  • 現在は、桐蔭横浜大学の溝上慎一 教授と共同で実施。

調査期間

高校2年生、大学1・3・4年生、社会人3年目の計5回にわたり、継続的に追跡調査を行います。調査対象者の進路先により、調査回数や終了年度は異なります。

学校と社会をつなぐ調査 調査期間

調査の成果

成果報告書

第1回調査(1時点目:高校2年時)
第2回調査(2時点目:大学1年時)
第4回調査(4時点目:大学4年時)

本調査の詳細については、京都大学高等教育研究開発推進センターのホームページをご覧ください。
第1回・第2回調査の報告書などが閲覧できます。

出版物

掲載記事

進学情報誌『Guideline』(ガイドライン)

各回の調査結果概要と分析報告会のレポートを掲載しています。

商品・サービス

学びみらいPASS

学びみらいPASS LEADS(リーズ)は、この調査をもとに開発したアセスメントテストです。

関連イベント

今後のイベント

開催日程 イベント 開催概要
2022.10.01 Sat 最終報告会&シンポジウム「高校・大学・社会-学びと成長の10年を追う-」

過去のイベント

開催日程 イベント レポート
2019.11.23 Sat 第4回調査分析結果報告会「高校2年生から大学4年生まで 生徒はどう変わったか?」
2021.09.18 Sat 最終調査直前イベント「いま、学校と社会をつなぐとは」
イントロダクション[溝上 慎一]
基調講演
これからの社会に必要な力とは?~非認知能力が“私たち”を育ててくれた~[吉野 明]
調査分析報告
  • 10年トランジション調査の結果[溝上 慎一]
  • 高大接続における社会経済的指標の影響[知念 渉]
  • 地方の高校生の地元志向をどのように見るか[柏木 智子]
登壇者によるディスカッション

お問い合わせ

学校法人河合塾 教育研究開発部 学校と社会をつなぐ調査事務局

  • Email:kkt@kawai-juku.ac.jp

    ※お問い合わせの際にご提供いただく個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。

  • 私と河合塾
  • [連載]「河合塾にフォーカス