このページの本文へ移動 | メニューへ移動

学校と社会をつなぐ調査

学校と社会をつなぐ調査 ~現代社会を力強く生き抜くためには、何が必要なのか~

京都大学と河合塾は、2013年度から10年間にわたって、約6万人の高校2年生を起点として生徒・学生の成長を追跡調査する「学校と社会をつなぐ調査」を実施しています。本調査は、京都大学が企画や調査項目の確定、分析を行い、河合塾が実施運営や事務管理を行っています。
本調査では、新しい時代における学校教育(高校・大学・短大・専門学校等ならびにその接続)の役割(学校と仕事・社会との接続)を明らかにするために、高校生のときの学ぶ力や対人関係、日々の過ごし方、キャリア意識が将来の学生生活や社会人生活にどのように影響を及ぼしているのか、その検証を行います。
かつて例のない調査で、私たちは、日本における高校と大学の接続やキャリア教育の視点から分析し、日本の教育の質的向上に役立てたいと考えています。

調査期間

高校2年生、大学1・3・4年生、社会人3年目の計5回にわたり継続的に追跡調査を行います。進路の状況により、調査回数や終了年度は異なります。

学校と社会をつなぐ調査 調査期間

本調査の詳細については京都大学高等教育研究開発推進センターのホームページをご覧ください。
第一回第二回調査の報告書などが閲覧できます。

出版物

どんな高校生が大学、社会で成長するのか2
高大接続の本質 -「学校と社会をつなぐ調査」から見えてきた課題-

2013年度の高校2年生を約10年間追跡する「学校と社会をつなぐ調査(通称:10年トランジション調査)」。1時点目調査当時、高校2年生だった生徒たちは大学1年生となってどのような成長をたどっているのか。その「トランジション(移行)」を明らかにし、これからの高校や大学で求められる教育や課題について、高大接続改革や学習指導要領改訂もふまえて論じている。

どんな高校生が大学、社会で成長するのか2 高大接続の本質 -「学校と社会をつなぐ調査」から見えてきた課題-

どんな高校生が大学、社会で成長するのか2 高大接続の本質
-「学校と社会をつなぐ調査」から見えてきた課題-

溝上慎一 責任編集/京都大学高等教育研究開発推進センター/河合塾 編
学事出版 A5判 208ページ
定価(本体2,400円+税)
2018年1月30日発刊

どんな高校生が大学、社会で成長するのか
-「学校と社会をつなぐ調査」からわかった伸びる高校生のタイプ-

自分の頭で考え、自ら進んで行動し、現代社会を生き抜くタフな若者を育てるためにはどうしたらいいのか、教育は何をすればいいのか。河合塾と京都大学が高校2年生を10年間に渡って追跡調査する「学校と社会をつなぐ調査」の第1回調査から、大学、社会で伸びていく高校生のタイプを解明。

どんな高校生が大学、社会で成長するのか -「学校と社会をつなぐ調査」からわかった伸びる高校生のタイプ-

どんな高校生が大学、社会で成長するのか
-「学校と社会をつなぐ調査」からわかった伸びる高校生のタイプ-

溝上慎一 責任編集/京都大学高等教育研究開発推進センター・河合塾 編
学事出版 A5判 208ページ
定価(本体2,400円+税)
2015年8月1日発刊

お問い合わせ

学校法人 河合塾 教育研究部 学校と社会をつなぐ調査事務局

  • 電話:03-6811-5531

    Email:kkt@kawai-juku.ac.jp

  • 私と河合塾
  • 時代を読み解くキーワード