このページの本文へ移動 | メニューへ移動

JCERIレポート

日本教育研究イノベーションセンター(JCERI)による、これからの高校教育・大学教育・大学入試をテーマとした研究者・実践者との対話の内容をレポートしています。

2021年度レポート

テーマ「2032年の学びと大学入試」

2022年4月から新学習指導要領が、高等学校では学年進行で導入されている。今回ポイントとなる「これからの時代に求められる資質・能力の育成」は、OECD(経済協力開発機構)の「Education 2030プロジェクト」での議論が参考にされたと思われる。その新学習指導要領で小学校入学時から学ぶ子どもたちが大学入試を迎えるのが、2032年である。

求められる資質・能力を培う学び、それを経た子どもたちが直面する社会、そしてそこに向けた学びと大学入試は、どう変化するのだろうか。

そのような問いに対しての思考を深めるべく、JCERIではEducation 2030プロジェクトに関心を持つ識者と意見交換を行った。JCERI理事による寄稿とともに紹介する。

※話題提供者の所属・役職は2022年3月時点

タイトル 話題提供者<敬称略> レポート
高校教育に求められる「大きな修得主義」への転換と社会活動の積極的な導入 石井 英真(京都大学)
「観点別評価」と「探究的な学習」が高校教育に大きなインパクトを与えている 溝上 慎一(桐蔭学園)
制度改革の視点から高大接続の今後を考える~個別大学の自主性を尊重し、受験生に配慮した設計を 中村 高康(東京大学)
「政策主導」の高大接続改革から教育改革を起点とした「大学主導」の入試改革へ 西郡 大(佐賀大学)
未来に明るいシナリオを描くための救いになるのが「学習科学」である 白水 始(国立教育政策研究所)
寄稿 2032年の学びと大学入試
 安彦 忠彦(JCERI理事・名古屋大学名誉教授)
 田中 義郎(JCERI理事・桜美林大学副学長)
  • 私と河合塾
  • [連載]「河合塾にフォーカス