このページの本文へ移動 | メニューへ移動

みらいPASSジュニア「PROG-J」問題サンプル

リテラシーテストサンプル

テスト項目

■言語運用力

1. 年齢に即した語彙の意味の理解

時代や社会に関する用語の意味/正しい語彙の用い方の判断

2. 現実の場面での発話や文章が含む目的や意図への理解

二つの事柄・文章の共通点(相違点)の説明/対立した論点の指摘・抽象化

3. 状況や文脈を考慮した言語の使用

文脈に即した表現の置換/発話に対する適切な疑問の提示

■情報収集力

1. 情報検索

情報源の特性/目的に応じた情報検索の方法など

2. 情報の整理・保存

情報を適正かつ効果的に活用するための方法など

3. アンケート・インタビュー(一時情報の収集)

目的に応じたアンケート・インタビューの方法など

■情報分析力

1. データ・グラフの読み取り

正確な読み取りと考察/複数のグラフの読み取りの統合など

2. 文献・資料の読み取り

主題の読み取り/構造的な理解など

3. 批判的な分析

事実と意見の区別/多角的な視点/論証の検証など

■課題発見・構想力

1. 問題の整理・分析

問題の構造化/原因追及(親和図法・ロジックツリー)など

2. 課題の設定

問題の優先順位/資源の分析/課題の明確化など

3. 解決策のアイデア出し

ブレーンストーミング/チェックリスト法など

4. 解決策の具体化

行動計画/リスク対応/作業工程表など

問題のサンプル

以下のグラフは、グループX、グループY(それぞれ10名)がどれくらい月にゲームにお金を使っているかをグラフにしたものである。これらのグラフから読み取れることとして最も適当なものを、次の①~⑤の中から1つ選べ。なお、グループXもグループYも、平均額は同じである。

グループX(10名)がどれくらい月にゲームにお金を使っているかを表したグラフ

グループY(10名)がどれくらい月にゲームにお金を使っているかを表したグラフ

  1. 金額が1,000円以下の人はグループXよりグループYに多い。
  2. 金額が1,600円以上の人数はグループYよりグループXに多い。
  3. グループの平均額は同じだから、各自の金額に大きな差はない。
  4. グループXの方が、グループYよりも最大と最小の金額の差が大きい。
  5. グループYの方が、グループXよりも最大と最小の金額の差が大きい。

コンピテンシーテストサンプル

コンピテンシーテストでは、A、Bどちらにも価値を感じるような両義性の項目を配置し、どちらにより近いかを強制選択させるような方式を採用しています。これにより、生徒の意図的な解答コントロールを避けることが可能です。

両側選択形式コンピテンシーテストサンプル

  • 私と河合塾
  • [連載]「河合塾にフォーカス